薄毛 女性

薄毛の女性は、育毛シャンプーを始めてみるのがオススメ!

薄毛対策の基本はシャンプー後の保湿

近年、病院でも薄毛治療が行われています。皆さんも、薄毛治療のCMやその他広告を見た事があるのではないでしょうか?

 

もちろん、病院へ行くのも良いのですが、まだ薄毛になっておらず、将来のために今から薄毛対策がしたい。そんな方のために、今薄毛対策の基本についてご紹介したいと思います。

 

ストレスや睡眠不足、過労や栄養不足等、色々な原因で薄毛の進行は始まるのですが、まず一番気にして頂きたいのは【シャンプーと保湿】です。男性の方の中には、化粧水を使っている方がいらっしゃるかと思います。

 

なぜ化粧水を使うかと言いますと、顔を洗ったり、頭を洗うと皮脂がほとんど取れてしまいます。そのため、肌は乾燥してしまう!と思い、大量の皮脂を分泌させるのです、皮脂は皮膚のバリア機能がありますので、必ず必要です。

 

しかし、皮脂が長期間肌や頭皮に付いたまま、あるいは過剰に皮脂が分泌されている状態は、薄毛の大きな原因になります。その理由は、【皮脂の酸化】です。

 

酸化した皮脂は、頭皮に対して、非常に深刻なダメージを与えます。そのため、シャンプーをした後は育毛剤でも構いませんが、無い場合は化粧水を頭皮に少し塗る様にして下さい。こうする事によって、皮脂の分泌を抑える事が出来ます

 

ぜひ、参考にして頂けますと幸いです。

 

■おすすめサイト
植毛

 

子供が発熱して病院に行きました。

 

今朝は朝から病院に行っていました。下の子供が夜中にめずらしくぐずったのですが、熱が出ていました。朝まで様子を見ていたところ、朝起きて嘔吐をしてしまいました。

 

家には子供が2人いるのでどちらかが病気になった日は主人か私のどちらかが子供を病院に連れて行き、どちらかがもう片方の子供を幼稚園に送っていきます。幸い幼稚園は朝のお預かり保育をしてくださるので、このように朝に緊急の用事ができた時には、いつもの登園時間を待たずに預けさせてもらうことができます。

 

今日はいつもの小児科がお休みで少し遠くの病院にいかなくてはならず、主人の車でみなで幼稚園により、長女をおろして病院に向かいました。幸い嘔吐はおさまっていたのでよかったのですが、熱は朝よりも高くなってしまいました。

 

インフルエンザの検査を受けたところA型にもB型にもひっかからなくて一瞬ほっとしたのですが、病院の先生から症状的にはまだインフルエンザのせんもないとは言い切れない状態なので、明日の朝まで様子をみて熱が下がらない様子ならもう一度明日インフルエンザ検査をしたほうが良いとのことでした。

 

とりあえず今日は風邪のクスリと解熱剤で様子をみることになりました。帰りは主人は会社があったのでタクシーで娘を連れてかえってきました。もうインフルエンザの流行は終わりつつあると聞いていたので、このタイミングの発熱はショックではありますが、様子をみて適切な治療を受けさせたいと思います。

 

育児をしていていちばん辛いのが子供が病気になった時です。こんな時ほど落ち着いて行動したいと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ